2020/11/01 明日が楽しくなるヒント

【焦って心がおぼつかないときに「なんとかなるでしょ」と思えるレシピ】

長年、自分の「焦り」と付き合ってきました。
 
焦りとは 「自分の理想と現実とのギャップが気持ち悪い感覚」
 

と定義したとき、


「悪い焦り」は、ギャップを「早く埋めたい」、
もしくは「埋まらないことに絶望」し、
「自分にはできないかも」となってバッドになる焦り。


反対に、
「良い焦り」は、「そのギャップを埋める過程を楽しむ」、
または「時間がかかることを見越して、コツコツとじわじわと埋めていく」
ためのモチベーションとなる焦りのこと。

 

焦るとなにが良くないかというと、
普通に取り組めば温存できる気力やら体力が、
ドバドバと流れ出てしまうこと。

だからこそ、時間やプレッシャーなどで発生する
「焦り」は百害あって一利なしなのです。

 

悪い焦りのタイミングって?

ということで、
自分の中にある
「悪い焦り」→「良い焦り」
に変えていけばよいのですが、


いかんせん、
「悪い焦り」が最も生まれやすいのは
「人と比較したとき」に尽きるのですよね。

が、今回の人生1度きりのチャンスと思うから焦るわけで。

 

私たちって実は毎日○○してる

あるとき、

私たちは毎日生まれ変わって、出会い直すんだよ。
今日どんなに辛かったり、
ダサい自分が嫌になっても、
明日になれば今日は前世。
毎日生まれ変わって、
一番身近な旦那さんとも、
毎日出会い直している


と教えてもらいました。

試しに本当にそう思って生きてみた時、

「人生も同じなのだ」という感覚になりました。


たとえば、今生1回きりの人生だと思うと、
「焦り」は常に付きまといますが、
もしも人生10回くらいかけて、
「成し遂げない何か」に取り組んでいくと思えたら、


この刹那の一瞬、誰かと比較して凹むのがいかに無意味なのか?
が感覚として腑に落ちる感じがありました。

 

まとめ

 

 

だから、
何かトラブルが発生したときや、
「やばいいいい間に合わないいい」となっているときも、


「まあ、なんとかなるでしょ」
と思える胆力って、
案外そういう「人生10回かけて成し遂げる」って
思えるかどうか、とかの違いなのではないかな。


実際にそうかどうかは置いておいて、
そうやって生きる方が、
「遊び」「ゆとり」ができて、
「幸せ上手」になれて、

結果的に、有形無形の素敵なものに
好かれる人生になりそうな気がしているので、

よかったらあなたも関と一緒に、
この考え方を取り入れていきませんか?

 
 

新しいメルマガやってますー!

「毎回ものすごく刺さります・・・!」
「今の自分の状況をあさこさん、みてますか?ってくらいドンピシャな内容が届きます」


とご好評いただいています。

宜しければぜひご登録ください!

/ 関連記事

  • 起業したのに、うまくいかないのは「カッコ悪い」と思ったことがありますか?
  • 「整理脳」の育て方
  • 「自分を責めてしまう」クセが、「実はめちゃめちゃいいこと」に一瞬で変わるかもしれない話
  • 気が散ることに疲れたあなた(とわたし)に送る気が散った時の対処法3選

/ 最近の記事

    • 伝えるから、許すことができる
      • 気が散ることに疲れたあなた(とわたし)に送る気が散った時の対処法3選
        • 目標を達成したいときにやってくる「諦めたくなる気持ち」との戦い方。メンタルがきついときに「諦めない」2つの方法
          • 「失敗」や「理不尽」が多いほど幸せになれる話